2009年04月27日

4月26日

DSCF2833_ed.jpg
郡山CLUB#9

back number『逃した魚』レコ発【春を感触にしたようなパイオ ツアー】
DOOKIE FESTA『hoop』レコ発【hoop tour】

本日からback number,DOOKIE FESTAのレコ発サポート。
昨日一日中降り続いた雨は止み、天気はいいのだが風が強い。

昨日のコンビクに引き続き、今日の#9も先日移転したばかり。
新店舗は、駅前のアーケード内に出来ていた。
DSCF2835.jpg
以前の場所からかなり近く徒歩2、3分といったところだろうか。より駅に近付いた。ここは、もともと本屋だったらしく建物ごと改装したようだ。

中に入ってみると受付とフロアに繋がるロビーがある。
DSCF2836_ed.jpg

階段を登ると、ドリンクカウンターと休憩スペース。
DSCF2842_ed.jpg
打ち上げもここで出来るようだ。

扉の向こうには、事務所。
DSCF2843_ed.jpg
フレームインしてきたのは、ブッキングの佐々木さん。

そして楽屋。
DSCF2844_ed.jpg
どことなく前の#9っぽさが残っているのは、この落書きだらけのテーブルをそのまま残っているからだろう。

バーカウンターからトイレのペンキ塗りまで#9スタッフの手作り感満載。この短期間でよくやったな。
DSCF2845.jpg
福井さんをはじめ、#9スタッフの皆さん、改めてリニューアルおめでとうございます。


さて、本日はback numberとDOOKIE FESTAのレコ発初日。
back number『逃した魚』は以前紹介したのでDOOKIE FESTA『hoop』を紹介しようと思う。
hoop
2nd mini album「hoop」
2009.3.25 XQGJ-1001
¥1,260


溜めに溜めてようやく出した今回の作品は、ストレートで一癖ある粘着質感の強いロック。人間味豊かな音と味わい深い歌にどこか懐かしく癒される。
哲郎の人情、慶行の和み、聡士の優しさ、朝陽の鼻メガネ、一人一人の個性が存分に溢れていて、どんな時もいつだって寄り添ってくれるような作品。やみつきになった。


というわけで、今日から2バンドのレコ発をサポートする。
去年7月の「LACCO TOWER TOUR 2008 〜6th Anniversary〜」を思い出させるような、郡山、仙台、盛岡という日程。
何が起こるのやら…。

奴等を全力で祝おうとこの日が来るのをどれだけ首を長くして待ちわびたことか。
全力で取り組んだつもりだが…
すまん。
それしか言えん。

DOOKIE FESTA,back numberともに素晴らしかった。
トリだったback numberは、まさに“ライブ”だった。強い部分はもちろん弱い部分も一切恥ずかしがらずにさらけ出すのがback numberのライブ。波があろうと、その時の感情をそのままぶつけてくる奴等のライブには嘘偽りもない。大事なことを気付かせてもらったよ。ありがとう。

打ち上げで色々話せてよかった。
ドゥーキー哲郎をつぶれるまで呑ましちゃったけど↓
DSCF2847.jpg
哲郎クン、これで終わればいいけどね…ふふ。

おかげで復活しました。
どんぶり飯TAKITAも佐々木さんもお世話になりました。

#9感謝!
posted by 塩崎啓示 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック