2013年10月14日

8月10日

DSCF8356.JPG
高松DIME

続・短編傷説リリースツアー「続・傷心旅行」

ようやくツアーらしく出っぱなしの日々。
まずは、四国エリア。

ライブの当日に東京から出発なんて入り時間に間に合うはずのない距離。
前日早めに出発して向こうでゆっくりしよう作戦に出ました。
なにせここから一週間以上出っぱなしですからね。

出発の前夜わくわくし過ぎて眠れない。
気付けば、料理スイッチが入りまして弁当を作ってました。

昼過ぎに出発。
集合時間に目を覚ますという真一。
真一待ちもありましたが、特に入り時間があるわけでもないしゆっくり行こうぜと。
お弁当でも食べながらね。みんなの分も作ってきたんだから。

弁当食ったらあっけなく全員寝やがったけど。

兵庫県くらいまで一人でいきまして、重田と運転交代。
もう時刻は夜11時。

長旅に渋滞はつきものとは言うものの、この時間帯でも平気で渋滞してやがる。
DSCF8348.JPG



瀬戸内海を眺めながら重田もこの表情。
DSCF8350.JPG
高松に到着したのは夜中の3時でした。


クッタクタだけど、コンビニに立ち寄ればしっかり酒やらつまみを買い込んでいる我々。


今日の宿は5人部屋。
DSCF8352.JPG
くたびれたと言いつつも、なかなかない5人部屋にテンション高め。
飲み始めたらそりゃもう楽しくなっちゃって、なかなか寝ようとしないっていうね。

既にライブ一本終えたような疲労感と深酒。


翌日、目覚めるとビビった。
暑過ぎる。。
昼前にして既に40度近い気温。

どうなってんのよ、四国。
インフルエンザ並の高熱ですやん。
炎天下の機材車になかなか乗り込まないメンバー。
そりゃそう車内は灼熱もいいとこ。エアコンなんてそう簡単に効きやしない。

とりあえず、入りまで時間もあったので先に飯を食うことに。
香川と言えば讃岐うどん。
高松の街中は嘘みたいにうどん屋ばかり。
ここは高松出身のBYEE the ROUNDマネージャーダダに連絡し、地元の人御用達の本格手打ちうどんの店を聞き出す。
県庁近くの「さか枝」という店があがった。

行ってみるといい感じの店構え。
テボで麺を温めだしをかけるという全てセルフスタイル。
かけうどん160円ですよ。

で、食べたのがこちら。
DSCF8354.JPG
二玉にして天ぷら付けてもこれで330円。

激安だわ、うめーわ。

ここで気付いた。
おれ、うどんならいくらでも食える。と。

試しにもう一品いってみた。
DSCF8355.JPG
こちらざるうどんも最高。

食いきれないメンバーの分も全て食い尽くす。
やばい、いくらでも食える。

振り返るとツアー中は食欲増進。
こんなに暑くても俺ったら夏バテはないみたい。
時に自分の食欲が怖くなるね。笑


その後、実に6年振りのDIMEへ到着。
今日から合流したHalf-Lifeもircleもみんなレコ発。
DSCF8357.JPG
今日明日と四国はこの3バンドでまわる。
Half-Lifeはともかく、ircleはがっつり一緒にまわるの初めて。

でもこの日くらいだな。ircleがおとなしかったの。
振り返るとこの日以降の残りの5本はずーっと喋ってたし。むしろうるせー。笑


リハを終えて、外へ出る。
ステージドリンクを買いに行くのも一苦労。
暑すぎて途中で買ったかき氷を食べる。ビックリするくらい溶けるのが早かった。
高松の街並みでちょいちょい見かけたのが、何が出るかわからない「?」ボタンがある自販機。
たまたまDIMEの近くだけかな。

かき氷が既に溶けてしまったので、興味本位で「?」ボタンを押そうか押すまいか。結構長いこと悩んだ。
でもおしることかコーンポタージュとか出たらネタとして面白かったんだけど、、サイダーでした。普通!そして、冷たくておいしい!


DIMEの楽屋に戻ってパソコンをひらく。
隣の高知では41度で日本最高だって。
人間生きていかれないでしょ。
そりゃ高松も暑いはずだ。


楽屋ではギターアドリブ大会が開かれる。
大介の小さいアンプからリズムを鳴らして、ソロまわしみたいなことやってたな。
Half-Life洋志は相変わらず上手すぎる。ボーカルのくせに。
そんでircle Gt.良も入ってきて見かけによらずガンガン弾きまくるタイプで意外だった。
ircle河内は…。お前はボーカルだもんね。ははは。

そんなギターを聞きながら、すぐ横で本日のセットリストを書いていた。
よし、ほぼ完成。
あとはこのスペースに何を書こうかな。

あっそうだ!
隣にいるのは、小さい頃の夢は漫画家だったHalf-Life洋志画伯じゃありませんか。
いつもの一筆お願いしてもいいかな。

これが洋志と俺のコラボ作品。
DSCF8359.JPG
言わば、鳥山明先生とうえやまとち先生の夢の共演です。




DSCF8361.JPG
ドラゴンボールとクッキングパパ。
さすが、洋志画伯!





すると、その横で『オレもオレもーと』大介がセットリストを書き出した。

『よっしゃ、できた!!』

万遍の笑みで見せてきたセットリストがこちら。
別に絵を描いたわけじゃないみたいだけど。
DSCF8362.JPG
“林檎”くらい漢字で書けよ。ほぼ毎回やってるんだから。


それより、下の方を注目してください。


「大介さー、お前ここどこだか言ってみ?」


『え?ここ岡山じゃないんだっけ!?』


「お前、本州から橋渡って来ただろ!ここ四国!」


『そっかそっか、じゃ岡山とみせかけて…』







「お前、本気か…」


ブログネタが確定した瞬間です。

この事件により、ギターアドリブ大会が一時中断となる始末。

もっと言うと、外は灼熱でしたが、この辺りだけ凍り付いた瞬間。

声を張ってまで大介が言い放った地名とは…




DSCF8363.JPG

『高山!!』


その場にいた全員ドン引き。。

高山って岐阜だし!
もっと遠ざかってるし!!



さらに、

まだあるんです…。


画像では残ってなかったけど、


極め付けが、


『あ、わかった!ここ高島だ!』



いらっしゃいませ〜

ここに来てデパート行っちゃった!



これマジですからね。



ちなみにじゃあ宮城の県庁所在地は?

という質問には、


『ふくしま!』


これもマジです。

彼、危ないです。

笑えないレベル。

だけど、やばいからみんな笑ってあげてね。



ははは、

ははははは。




というわけで、新メンバーの底知れぬIQを目の当たりにした本日ここ高松!
※地元の人、怒らないで。

今日はお手並み拝見という感じなのかなと思いきや、Half-Lifeもircleもすげーよかった。
触発されてか我々も初日からぶっ込んできました。
地元バンドもレベル高かったな。

打ち上げでは、俺とircle Ba.宏介の合体技披露。
その名も“アークルタワー”
Half-Lifeタケトをこらしめました。
さらにircle良の捨て身のパンツ芸も見れた(ちなみに彼はシラフ)
この打ち上げでircleとは完全に打ち解けましたね。

その後、二次会はDIME泰治さんとサシで朝7時まで語り明かしました。
また来なきゃ。

泰治さんをはじめ、DIMEスタッフの方々お世話になりました。
高松のみなさん感謝!
posted by 塩崎啓示 at 09:54 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
集合時間に起きる真一さん、さすがです(笑)
セトリの絵が豪華すぎます!!!
大介さん…………読みながら笑ってしまいました(  ̄▽ ̄)

暑い中お疲れ様でしたー!
Posted by りなんちゅ at 2013年10月14日 20:38
大介さんラジオでも四国4県言えてませんでしたね(・∀・)笑
もう言えるようになったか、気になります。

ircleがおとなしいなんてびっくり!…と思ったら、違ったんですね。笑

啓示さんのブログおもしろくて
読みながら笑っちゃいますヾ(o゚x゚o)ノ
Posted by ゆりか at 2013年10月14日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。