2015年05月16日

7月21日

恵比寿LIQUIDROOM

狂想演奏家リリースツアー“狂想旅行”
独奏演奏会〜「狂想演奏家」発売記念〜

年に一度の恒例行事。
オープニングの茶番からみこし演出など、年に一度の特別な祭典。
何せLACCO TOWERの誕生日ですからね。

気合いが入りまくっているのはわかるが、このライブの数日前、大介が十二指腸潰瘍を患う。
やはり大事なワンマンの時っていつも何かが起きる。。
この日もただただ何もないことを祈るばかりでした。


I ROCKSとほぼ同じスタッフ陣のおかげでリハも順調でした。
KO1_4515 のコピー.JPG
All Photo by Kohei Suzuki



楽屋ではわずかな時間だったが全員が揃ったところでギリギリまで打ち合わせ。
_MG_7934 のコピー.JPG



そして、開場の時間。

オープニングの塩ちゃんねる上映。
年々、この茶番映像のレベルも上がっている。
大根過ぎる役者の演技はさておき、脚本や映像編集などさすがは塩ちゃんねるを手がける男ナリ。


こちらがオープニングで上映した塩ちゃんねるです。





上映が終わったと同時に、精鋭達の登場。
_MG_7652 のコピー.JPG




ブラックみこしーズ役も初登場。
_MG_7658 のコピー.JPG





神輿様降臨。
KO1_4642.JPG
今年も美花さんによる全身全霊を込められた渾身の力作。
色んな想いが今年も継承され、そりゃかつぐ方も責任重大というわけです。




こちらが、みこしーズ2014
IMG_1421.JPG





みこしーズから最高のパスを受け、ようやくSE
_MG_7944 のコピー.JPG





KO1_4741 のコピー.JPG






先に本日のセットリスト。
IMG_1412.jpg





出だしの「杏子」から飛ばしました。
KO1_4651.JPG






_MG_7857.JPG







KO1_5054 のコピー.JPG







本編もラスト2曲。
ここにきて、大介がやってくれました。

ギタートラブルにより、ドラムベースソロタイム。
KO1_5268 のコピー.JPG
これがまた長く感じたな。。
体感ではソロタイムが10分以上に感じました。





見事に復活を遂げると、なぜか逆に盛り上がるっていう。
KO1_5308 のコピー.JPG





_MG_8061 のコピー.JPG






そして、アンコール。
KO1_5446 のコピー.JPG



2回目のアンコールで登場前に照明が明るくなった瞬間、某bのKがステージを横切ったのには笑いました。



周年なのでここでバンド名、由来の話。


LACCO TOWERの“LACCO”ってあのラッコじゃないからね。


見事に言い切ってやりました。




そして、登場したのは…
_MG_8108.JPG
ラッコちゃん。


「じゃあ“LACCO”ってなんやねん!!」



シュールな笑いも今年で三度目!笑
バンド名の由来は今年もまだ謎に包まれたままですが、なにか?




今年もラッコちゃんの中でキレッキレに踊ってくれたのは、俳優でありダンサーの通称とみーこと富田大樹君です。
http://daiking921.wix.com/tomidadaiki

IMG_1426.jpg






大介が正式加入してまだ一年。
何度もカタチは変わりましたが、この日で12周年を盛大に迎えることが出来て、こうして続けることの意味ってあるんだなと。

ただ、また来年も全く同じようにやれていればいいなって思う半面、このままじゃ続けている意味がない、もっともっと高みを目指さないとという悔しい気持ちもあり、とにかくペースはともかく歩みは止めない。

そうしないと、ここに集まってくれた人たちや力を貸してくれる人たちにも失礼な気がして。
KO1_5581 のコピー.JPG






KO1_5632 のコピー.JPG
LIQUIDROOM、支えてくれたスタッフ、みこしーズ、ここに集まってくれた人たちには感謝しかないです。
ありがとうございました。

「狂想演奏家」発売記念、そして、おかげでLACCO TOWERも12歳になりました。
今後とも宜しくお願いいたします。
posted by 塩崎啓示 at 23:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。