2015年06月07日

7月27日

MURO FESTIVAL 2014

今年のムロフェスは総勢29バンド。
IMG_1530.JPG

我々の出番は早く、真っ昼間のそれはそれは暑い時間帯でした。
40度近い炎天下ではあったが、みんなの笑顔がたくさん見えました。


fujikawa-75 のコピー.jpg
Photo by MASANORI FUJIKAWA


いい感じで次々へとバトンが渡される中、ircleが始まる辺りから雲行きが怪しくなってきた。
IMG_1539.jpg

すると、都内には大雨洪水警報が発令。
15時頃ポツポツと降り始めたと思ったら、一気に土砂降り。
ゲリラ豪雨でさすがにライブも一時中断。


一旦雨があがるも、再びゲリラ。
バイザラウンドの時なんてひどかった。。
IMG_1540.JPG
さすがに中断せざるを得ない。


野外のこんな出来事も良い思い出ではあるが、主催側はたまったもんじゃない。
音止め時間や撤収時間もあるわけで、そりゃもう本当に大変そうでした。
控えているバンドも気が気じゃなかったでしょう。


その後、みんなの願いも通じたのか、晴れ間も見え始めた。
IMG_1563.JPG
これぞ、本物のレインボーブリッジ。



徐々に陽も落ち始め、この日で活動休止のAJISAIで感極まる。
そして、トリ前のグドモではたなしんのオープニングに今年も犯人役で登場。
KO1_9217 のコピー.JPG
Photo by Kohei Suzuki

これだけ見ると、一人で何しとんねん。
※フレームに入っていないだけで、しっかりステージソデもフロアも盛り上がっていましたよ。。


最後はグドモ、アルカラと繋いで最後はムロさんの挨拶でしっかり締めてもらいました。

気付けば辺りは夜。
レインボーブリッジといい東京タワーといい、素晴らしい景色でした。
何よりあれだけおしたタイムテーブルがしっかり予定時間で終わったというスタッフや出演者の団結力たるや。
見事でした。


渋谷に戻りいつもの宅飲みという名のクレスト飲み。
いやー落ち着くね。
IMG_1569.JPG

今年の打ち上げも腕相撲と肩パンやローキックなど異種格闘技が朝まで行われまして、そりゃもうアザだらけよ。



東京にいながら海も空も夜景もそこにかかるニジの橋も
汗だか涙だかわからないキラキラした表情も
感情が全面に溢れ出すムロスピーチも

これこそがMURO FESTIVAL
今年も晴れて、曇って、雨降って、でも最後は星空で

最高でした。

ムロフェスっていうのはクレストのステージが野外に移行しただけ。
だから、気持ちはいつものクレストと何ら変わりなし。

次はいつものクレストで。

MURO FESTIVAL 2014感謝!
posted by 塩崎啓示 at 04:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。